david rinchの後                              村田 仁



私が映画を見るのが好きなのは改まった感じがするからである。
丁寧に用意された時間を前提とするからである。
ある者は映画の予告だけを見て席を立ったというが
終日テレビをつけっぱなしにしている祖母は深夜放送終了のVと共に居場所を思ったという。
寝床は何層にも重ねられ、いくばくかの資金と理由があるように思われていた。
犬は走り、もう御礼も返ってこなくなった。
赤、黄、白のコードは要らず、埋められていたピンプラグ差し出し、
トラックの間で友人の車は止まっていた。
そしてそれだけの事象は平らのコップに入れられているはずだった。

早朝の路地に置いてある癌とシャッターを忘れ難き。
遊ばせてくれた日本は底知れぬ居場所。

私がビデオカメラを持ったのは改まった感じをさせたいからである。
何層にも重ねられた、前提の為。









題名一覧・back to index



トップページ・back to top